アバルトや諸々

アバルト595C Turismoを買いました。ここからブログ始めてみます。

アバルト乗りたい

f:id:hideo33:20201127043318j:image

ここしばらくアバルトに乗れていません。ミラフィオーリへ行って、伊勢崎に仕事で行ったくらいです。一週間ばかり運転していません。

 

まぁ、昨日はあまりの禁断症状にて、洗車するために数メートル動かしましたが、なかなか目的もなく車に乗るというのもなぁ。ということでお出かけはなしです。

なかなか、山道を堪能したインプレッションを書くことができないでいます。まぁ、コントローラブルですし、フィーリングもよく、おそらく制動力も増していると思いますので、楽しみでしかないんですけどね♪

 

やっぱり箱根に行きたいなぁ♪12/6あたりいけるといいなぁ。と思っています。

箱根ターンパイクから伊豆スカイラインあたりを気分良く走れたら最高ですよね♪

 

ほんと、この辺の道楽しくて大好きです。遅い車も程々にいますので、マイペースで走れない時もありますし、料金もなんとなく高いイメージですが、箱根ターンパイクを使わなければ下田まで行くのに熱海経由と伊豆スカイラインで値段的にはそんなに変わらないんだったと思います。

伊豆スカイラインを抜けて七滝温泉とか言ってこようかなー。

 

あ!先日天候不順で全く面白くなかった西伊豆スカイラインリベンジなんかもいいかもしれませんね♪

 

なんにしても年末に向けてラストスパート忙しくなると思いますからちょっと楽しんで充電しておきたいと思います。

豊田産業博物館

f:id:hideo33:20201125070241j:image

豊田産業博物館に行ってきました。

ここ、すごいです。三時間ほどいたのですが、まだまだ物足りません。閉館時間が来てしまったので後半巻きで流してしまったのが悔やまれます。

 

まずはトヨタの礎となった豊田織機のコーナー。

f:id:hideo33:20201125070526j:image

綿花から木綿糸を作り布に仕立て上げていくまでを解説と実演を混ぜながら説明してくれます。

すごいですね。かなりの機械が動態展示です。

ほぼ人手に頼った最初の機械から豊田さんが研究開発して自動化していった織機が年代ごとに並んで進化を感じさせます。

もちろん他の国でも同じような織機は開発されていたのだろうと思いますが、豊田さんすごいです。

 

もう最後の方の機械なんて訳わかりません。が、初期の頃から使われている技術は連綿と引き継がれていることに感動しました。

 

f:id:hideo33:20201125071304j:image

叩き出しの鋼板でボディーづくり。

木型に合わせてカタチの確認。


f:id:hideo33:20201125071201j:image
f:id:hideo33:20201125071154j:image

かなり気になる豊田モチーフのエンブレムこれ、今オプションでつけられたら付けたいかもですね。

f:id:hideo33:20201125071207j:image
f:id:hideo33:20201125071204j:image
f:id:hideo33:20201125071211j:image
f:id:hideo33:20201125071158j:image

もっとたくさん展示してありましたが、気になる車だけ♪

ここから先は急ぎ足になってしまったため写真はありませんが、鍛造プレス機や、自動組み付け、溶接機などなどたくさんの機械を展示してあります。

この博物館は車本体というより、トヨタの歴史や自動車産業の発展を主軸に紹介されており、大変楽しいものでした。

 

閉館時間が来てしまいまして、後ろ髪を引かれながら退館しましたが、機会があればもう一度行ってみたいところですね。

 

名古屋のお楽しみ♪

f:id:hideo33:20201123042638j:image

名古屋に行くと必ず食べてしまうのがあつた蓬莱軒のひつまぶしです。

基本的にうな重や鰻の蒲焼に興味があまりありませんでした。あの食感と、独特の香りがあまり、、、、、

どうも関東とは焼き方に違いがあるようで、関東はどちらかというとフワッとさせたいようです?

なので蒸してから焼いてるのかな?

調理方法はなんともいえませんが、あつた蓬莱軒のうなぎはしまっていて香ばしいんです。

圧倒的に僕はこちらが好みです。

名古屋に行くとつい食べてしまいます。

東京にいるとぶっちゃけ土用丑の日しかうなぎなんて食べないのに(^_^;)

 

多分関東でもっと美味しいうなぎ屋さんはあるんだと思いますが、うなぎの美味しいところを探してまわるほどの情熱もありませんし。

名古屋であつた蓬莱軒に行かなくなったら名古屋めしも他に探すのめんどうですし。

ここに来たらコレ!っていものがあったほうが楽しいですよね♪

 

名古屋にも、あつた蓬莱軒より美味しいひつまぶしのお店も絶対あると思うんですよ?

でも、なかなか、探すほど回数行くわけではないですし、車も停めやすいですから♪

 


f:id:hideo33:20201123042641j:image

これも美味しいうまきです♪

お酒も飲みたくなりますが、名古屋にいるときはほぼ車で東京に帰るのでお酒はガマンです♪

草木ダム

f:id:hideo33:20201121174906j:image

 

あ、この写真は夏のなんですけどね。

先日仕事で伊勢崎方面へ行きましたので、勢いで草木ダムまで行ってしまいました♪

 

な、内緒ですよ!

紅葉がとても綺麗だったので車窓がたまらなく幸せでした♪

その後伊勢崎方面に戻ろうかとも思ったのですが、あまりに紅葉が綺麗なもので、、、

足尾の方にむかってしまいました!

く、くれぐれも内緒ですよ?

いやー草木ダムから足尾に向けての道気持ちのいい道ですね♪渡良瀬川沿いに進んでいきます。

 

先行車両がいたので、ペース的には止まりそうな感じでしたが、ちょっとした、山道を楽しむことが出来ました。

足尾トンネルを抜けまして、危なくいろは坂へ向かう左折にウィンカーを出しそうになるのをぐっと我慢しまして、日光方面へこのあたりになると紅葉はすっかり終わっていまして、やはり、北上すると景色が変わるのを感じることが出来ました。山道を常識的?な速度で走ってみた感じなんですが、ブレーキの利きもまずまずですし、大径化の恩恵か、余裕を感じる制動力に踏み心地。もっともっとペースを上げても全く心配のなさそうな感じですね。 

ああ、早く箱根とか行きたいなぁ♪

 

日光口から日光宇都宮道路東北道と通りまして一件仕事をこなしてから帰路につきました。

アバルトくん偉そうじゃないからちょっと仕事へ行っても目立ちませんし、いい車乗ってるねー感も出ないので仕事しやすいですね。

 

仕事メインでしたが移動時間はとても楽しい一日となりました。

iPhone12mini

f:id:hideo33:20201123041244j:image

左から

11PRO-12mini-12mini-12PRO

です。MAXは大きすぎるので購入対象外です。

PLUSは数台買ったことがあるのですが僕には合いませんでした。

電池の持ちは魅力でしたけど。

かみさん用に12miniホワイト

僕用に12miniブラックにしました。

とかくと聞こえはいいのですが、実は僕用にホワイトを買ったのですが、ブラックが欲しくなりホワイトをかみさん用にしたというのが実は本音です(^_^;)

 

アップルオンラインで購入きましたのでホワイトは返品できるので全く問題はないのですが、すごく気に入ったのでかみさんにも使ってもらいたくてそんな屁理屈こねてお揃いにしちゃいました。

実は前の11PROにした時も同じパターンでシルバーをかみさんに使ってもらいました(^_^;)

はい、、、計画的犯行です。

 

ま、それは置いときまして、iPhoneXからモヤモヤしていたシルバーとスペースグレイ、現グラファイト。なんですが、正直iPhone7までのホワイト、ブラックが好きだったんです。でも、有機ELとFACEIDが欲しくてX-XS-11PROって流れになっていました。色的には寝ぼけた色でイマイチだったのですがケースに入れちゃうからいいかと。諦めてました。

 

本体サイズも大きさはともかく少しずつ重くなってきていてストレスを感じていたものですから、今回の12miniの発表は大変嬉しかったです。発売日が同時であれば迷うことなかったのですが、一ヶ月もズレていたので結果的には12PROも購入しちゃいましたけど(^_^;)

 

もう。12miniが手元に来てからは12PROに戻る気は全くなくなりました♪

ドアミラーベース部破損修理

f:id:hideo33:20201120203809j:image

先日のミラフィオーリの際にどこかへ落としてしまったプラスチック製のカバーなんですが、メーカー在庫欠品中のため数週間かかるそうです(T_T)

 で、それまでの間ビニールテープでは仕方ないのでポリプロピレン?かな?百均に売ってるCDケースの表紙を適当に切り出しまして貼り付けました。

 

f:id:hideo33:20201120204030j:image

青なので、どこに張り付いたかよくわかるかと思います。が、いかんせん青色はいただけません。あまりにも違和感がひどいです。

それなので表面にカッティングシートを貼ることにしました。

f:id:hideo33:20201120204214j:image

ほら!なんか、ほぼかんぺきに治ってしまったように見えませんか?

カッティングシートの材質感もなかなか、フィットしている感じがします。

あれ?これでよくない?

なんて気分にもなります。

が!しかし!そんな訳にはもちろんいきませんけどね(^_^;)

なんてウキウキしながら高速を走っていましたらビービーみたいな感じのビビリ音がします。

???と思いくるまをとめてみてみるとカッティングシートが剥がれかけてました。 

 

空気抵抗にカッティングシートが負けて剥がれてしまったようです。

近いうち黒い材料買ってそれで作りなおすとしますかね。デザイン自体は今のままで十分だと思いますので。

 

 

6POTブレーキ高速道路インプレ

f:id:hideo33:20201118071032j:image

ミラフィオーリへ行った時の往復走行した時のインプレです。

往復800キロ程度走ってみた感じ、非常にスムーズな印象です。

なめらかーな舌触り、、、いや、足へ伝わる感触がすごくスムーズです。パッドが気持ちよくローターに接触している感じ?

触るか触らないかの状態から踏み込みを増していく時の感触がたまりません。

体へ感じる減速感も、踏んだ足に連動してギュギュギュッて言うよりギューーーって感じかなぁ?

まぁ、アバルト高速道路を走っているとパドルでシフトダウンで初期制動と言うかスピードコントロールしがちなのでブレーキの出る幕そんなにないんですけどね。

微妙なスピードコントロールをするならブレーキかけたほうが間違いなくスムーズですね。

 

とにかくブレーキへの安心感は飛躍的に向上しました。

このあたりは純正ブレンボが装着されていればさほど気にする事ではないんじゃないかと思いますけど、特に制動力や安心感に関しては。

 

800キロ近く走ってブレーキダストはほとんど気にならないので、この辺は純正パッドを使っている場合とは雲泥の差を感じられると思います。

まぁ、今履いているRS209Bはダストで汚れてもお手入れ簡単なので困りはしませんけども(^_^;)

あ、このブレーキ特筆すべきは信号などのまちなかの停止時です。

これはまた別の投稿にしますかね♪