アバルトや諸々

アバルト595C Turismoを買いました。ここからブログ始めてみます。

AirTag続き

f:id:hideo33:20210910080428j:image

エアータグの機能はそのものの場所がわかるということにつきます。音を鳴らしたりもできますが、あまり使い道はないというか見つかるまで使ってはいけないかも。

あ、もちろん自宅のどこかにあるのが見つからないのなら鳴らしてください♪

 

このエアータグ、すごいのは他人のデバイスを踏み台にできるところです。

 

通常この手のデバイスは自分のペアリングした端末の位置情報や通信機能を使うことしかできません。当たり前ですよね。

 

常識的にそれが正しいと思います。

が!しかし、このエアータグは違います。

なんと、他人のApple製デバイスを踏み台にしてしまうんです。

 

どういうことかと言いますと、ぼくのエアータグが入ってるかばんが盗まれたとしましょう。

当然僕の端末とペアリングしてありますので、盗まれた位置はわかります。

でも、現在位置は今まではわからなかったんですよ。

ところが、このエアータグは違います!

所要時間はわかりませんのですれ違いだけではダメだと思いますが、別の人のアップル製品が近くにあればその時々の場所を伝えてくれるんです。

もし、盗んだ人がアイフォン持ってたら場所がバレます♪

これはすごいことだと思います。

特に日本はiPhoneのシェアめっちゃ高いのでさらに可能性は広がりますね♪

次期AirPodsにもぜひ搭載してください♪